スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバッチョ。

IMG_1152.jpg

マキッチョ改めロバッチョさんが埼玉県に栄転です。

すばらしいね。

仕事で頼りにされるって凄いと思う。

それが本人にとってやる気になるか、重荷になるかは別だけど。

その考え方は仕事以外でも一緒ですね。

しかし、チャレンジ精神は旺盛のほうが人生はきっと楽しいのでロバッチョはいい道を選んだと思います。

がんばれがんばれ!!

みんなでこちらから応援しているよ。

ドナドナ歌いながら(笑)

行ってらっしゃい~!

スポンサーサイト

ロバと人の合いの子。

IMG_9305.jpg
IMG_9306.jpg
IMG_9307.jpg


窓から覗くから、みんな同じアングル。

先日、ジョンバトラーのライブが当日になって急にダメになったもので、集まったみんなで急遽那須サファリパークに行ってきたんです。

すっごく楽しかったです。

ライオンに追いかけられたり、ダチョウに指かまれたり、ドンキーにみっちゃんの車破壊されたり、ゾウが窓から鼻入れて、私のマウントレイニア飲んだり。

マキッチョがロバっちょになったり。

ロバッちょが急にエロい事言い出したり。

ロバと人の合いの子だと、ケンタウロスみたいになるのかなぁ、と想像したら楽しかったり。

いろんなコトがありました。

みんなで出かけると楽しいです。

またサファリパーク行きたいな。

今度行くときは、おやつにりんごもって行って、ゾウと仲良くなりたいな。

IMG_9293.jpg

ライオンの手はコテッチャンの手の何倍もあってとても大きいけど、歩くたびに猫科のかわいい足先がぷるん、ぷるん、と揺れていて肉球を触ってみたいものだなと思いました。

でも私達の顔面ぐらいの大きさなので、一発で死ぬとも思いました。

Dog fight

2009.7 かれん 037


先日、出勤しようと玄関のドアをあけると、それまで静かだった平和な我が家に、けたたましい鳴き声がこだました。


『 ギャンギャンギャンギャン 』


何が起こったのか??気が動転する私の目の前には我が家の愛犬フーチャンと、お隣さんちのモサモサドッグの激しく絡み合う姿。

どうやらモサモサ犬は紐が外れて自由に遊びまわって我が家にやってきたらしい。

おなかと足が、ドロだらけである。


そんな彼と、うちのフーチャンは非常に相性が悪い。

フーチャンはお散歩で会うたびに吠えられる。

いつもやたらと喧嘩を売ってくるので、私はてっきり彼は凶暴な怖い犬なんだと思っていた。

しかし、どうやらその見解は間違っていたようだ。

強暴だと思っていた彼は、完全に我が家のフーチャンに打ちのめされている・・・。

なんて強いんだよ、うちの子は。馬乗りになって首に激しく噛み付いている。



大丈夫か!??フサフサ君!!!



私はあわてて彼らに近づき、仲裁を試みるが、何年か前に飼い猫の本気の喧嘩の仲裁に入った際、結構な深手を負ってしまったことが脳裏をちらつき、うまく対処できない。

なんという心の小ささ・・・。

すぐにパンツイッチョのナベちゃんに助けを求めてしまった。

ナベちゃんは、フーチャンを押さえ込み、フサフサ犬をうまく逃がした。

ナベちゃんが怪我しなかったからよかったものの、怪我でもしたらどうすんだよ、と自分のふがいなさにがっかり。

つまらない女、渡邊恵美。


そんなつまらない私の目の前をフサフサ犬はおびえながら自分のお家に向かって走っていく。

しかし、彼は相当びびっていて身をひくくしながら恐る恐る走っていた。

うぅ。かわいそうだ・・・。

そして飼い主のおばちゃんの目の前まで行き、下の歯が見えるほどあごをがくがくさせ


『 ・・・キューン・・・・・』


と鳴いた。・・・、いや泣いた。だな、多分。


そんな彼に私の気持ちも キューン  としてしまった。

かわいそう過ぎる。

たとえ自ら我が家にやってきたとしても。


そうそう、自分から来たんだよね。絶対。

だってフーチャンは紐でつながっているし、彼は自由の身だったんだから。

もしかしたら、勝算があってやってきたけど、戦ってみたらけっこーやべぇ!!みたいな感じだったのかな。

だったら、いまごろ自分が老いていることにがっかりしているかもしれない。

こんなはずじゃなかったのに・・・って。


あのこ結構老犬っぽいからな。

いま働き盛りの中年犬には勝てなくても仕方ないんだよ。

あんまり落ち込んでなきゃいいけど。

モサモサ君、怪我してないといいな。





ごめん。

IMG_7380.jpg


先日、めがね君のかわいいべック(フレンチブルドック)とお散歩したら、ベックは次の日腸炎になってしまった・・・・。


ごめんよベック・・・。


そんなつもりはなかったんだけどな・・・・。


散歩中に自由に草を食べさせてしまったからだろうか・・・・。


だって、美味しそうに食べるんだもん。


ウチのフーチャン(雑種)は、草も食べるし、田んぼの横の細いどぶ?みたいなところに入ったって平気なんだもん。


そんなにデリケートな生き物と暮らしたことが無いからね。

あの子は、冷暖房が無いと生きていけないらしい。

・・・・・・・・・・・・・。




フーチャンの丈夫さに感謝するとともに、いつもお外でがんばっているフーチャンを、彼の嫌いな雷がなっているときぐらい玄関に入れてあげたいと思うのである。


そして、その生活レベルの差から

『 世界で一番快適な牢獄と、世界で一番辛い牢獄 』

を思い出す。


世界一快適なところは、みんなでルームシェアみたいな雰囲気のところにテレビがあって冷暖房完備でご飯もおいしくて、みんな建物の中で自由に生活している。

うってかわり、世界一辛い牢獄は、砂漠の真ん中みたいなところにあって、もちろん冷房なんてつてない。狭い部屋に囚人がぎゅうぎゅうに詰め込まれていて、すごく暑くて漫画みたいなでっかい鉄球が足についてて、ご飯はまずいしあとコルツの囚人服着ている。


とにかく、すごい差だ。



まぁ、牢屋入るんだったら、もちろん快適なほうがいいけどね。



でも犬にしてみたら、どうなんだろうな。


自分ひとりじゃ生きていけなくなってしまった改良犬と、一人でも生きていけるけど、お家に入れてもらえない雑種。


うーん。


一番いいのは、丈夫な体でなおかつ快適な暮らしだよなぁ・・・。


そう考えると、コテツのポジションが一番よさそうだ。


ご飯食べて、冷暖房効いてて、でも無くても何とかなる。

丈夫だし、快適じゃないか。



私の横でベターっと横たわる彼はそんなことは何にも考えてはいないけどね・・・・。


コテッチャン、ヒラベッターイ。



世界一かわいい。

まるい


最近私は、毎朝コテツをなでながらこの言葉を口にする。


『 コテツは世界一かわいいよ。』


すると彼もまんざらでもなさそうで、私に向けてかわいらしさを猛アピール。


ひざの上に無理やり乗ってきて、顔を私の腕の隙間にうずめてみたり。


ひざの上で丸まり、ちらりとこちらを見上げてみたり。


・・・・・なんてかわいいのだ。


世界一かわいいの名にふさわしい。(少なくとも私にはそう見える。)


私の呪文のおかげか、毛艶までよくなってきた気がする・・・。


そんな彼の脂肪を燃焼すべく、私はセルライトをごろごろする美容器具で体中を撫で回す。


ゴロゴロごろごろ。




私の足にも、コテツのお腹にも、このごろごろが効きますように・・・。
プロフィール

upa

Author:upa
難しいことを考えるのが得意ではありません。

最新記事
Twitter
upaslugをフォローしましょう
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こんにちわ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。