スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の隙間。

IMG_7561.jpg


今日は、なんだか無性にロッテのアーモンドチョコが食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて・・・・・・・。

仕事が終わって即効でコンビニへ。

迷わずチョコ売り場へ行き、わき目もふらず購入。
 
急いで封をきり、『 ふわっ 』 と漂う心地よい香りに思わず 『 うわー!! 』と歓声をあげる。

『 なべちゃんもかいでみなよ!!! 』

と薦めると、苦笑いで鼻を近づけ 『 うん、ふつうっす。』 と答える。

しかし、一口チョコをほおばれば幸せいっぱい。

なんてうまいのだ。ロッテアーモンドチョコレート。

アーモンドチョコに関しては、明治ではダメなのだ。絶対に。

♪チョコレートはロッテ~♪ である。


昨日は落ち込んでていても、眠れば持ち直し、チョコを食べれば元気になる。

私の心と体は単純明快で、それでいて丈夫なのでとても幸せ。

丈夫に生んでくれてありがとう。おかあさん。


と言ったわけで、本日は夜仕事が終わってからナベさんと2人でTシャツを配達に彫モトさんのところへ。

すると、先客がありました。

客人と彫もとさんは、なにやら話し込んでいる様子・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



どうやら、彼(客人)はうつ病みたいで、自分を変えたくてTATTOOを入れたい、と言っている。

しかし、話の流れからすると(かいつまみすぎだが)安く入れられれば誰に入れてもらってもかまわない。と言う感じ。

そんな彼をまるでカウンセラーのように諭す彫モトさん。

『 仕事はしてないのか 』『 もっと外に出ないとダメだ。』『 大切に育ててきた息子が自殺したら親がどんなきもちになるか考えてみろ。 』『 甘えていてはダメだ。 』


以前、こういうお客が結構くるんだよ~といっていたのは聞いていたけど、目の当たりにするのは初めてだったのでちょっと驚いた。



TATTOOいれれば、人生が変わる?



ちがうよ、そんなのは結局自分次第じゃないの。

私はあいにく鬱の人の気持ちがわかるような体験をしたことがないから彼らの気持ちはわからないけどさ。


でも、なんか他力本願な気がしてしまった。

まぁ、何らかのきっかけを作ってがんばっていこうとする意気込みだったらいいけどね。


そんな気持ちを残したまま、マッチボックスタトゥーを後にした。

まだ話してたな、彫もとさん。

カウンセリング、うまくいってるといいな。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

upa

Author:upa
難しいことを考えるのが得意ではありません。

最新記事
Twitter
upaslugをフォローしましょう
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こんにちわ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。