ミイラ女。

先日仕事の電話で、『どちらさま宛におかけすればよろしいですか?』と聞かれたので、『私、みうらまでお願いします。』といったら『え?ミイラさまですか?』といわれた。そんなわけねえだろ、とおもいながら『いいえ、三浦です。』と言い直した。

小学生の頃、私は友達と喧嘩してシャベルで頭を何回も叩かれ、血だらけになりながら家路についたことがある。その後病院へいってグルグルと頭に包帯を巻かれ、次の日の学校で『三浦がミイラになった!三浦がミイラになった!』とからかわれたことを思い出した。


よい思い出です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

upa

Author:upa
難しいことを考えるのが得意ではありません。

最新記事
Twitter
upaslugをフォローしましょう
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こんにちわ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード