妖怪風呂なめ

妖怪風呂なめ:風呂の順番を磨りガラスの向こう側でおとなしくまち、前人が風呂場から出てくとドアの隙間からするりと風呂場へ入り込み、ビショビショの床をぺろぺろとなめ回す。鰹節とマタタビが好き。

我が家にはそんな黒い妖怪が出る。

猫の妖怪にもいろんな種類があるようです。長生きすると妖怪猫又になるらしいし。
でも長生きするならたとえ妖怪になったって別にいいよね~。だって 長生きして妖怪猫になると、ふすまの戸をちゃんと後ろ足で閉めて部屋から出て行ってくれるって本に書いてあったもん。すげーいいじゃんそれ。いっつも開けっ放しでいなくて済んでさ。ね、小鉄。

IMG_3511.jpg


あ。かわいいポースしちゃって。駄目ですそんなかわいい顔しても。それよりもドアをちゃんと閉めてください。


まぁそれはそうと。


わたし、先日、やっと手に入れたものがありまして。
ずっと欲しくて、本屋さんとかいって探したんだけどなかなか見つけられなかった、これ。



IMG_3500.jpg


『 みさおとふくまる 』

ばぁちゃんと白猫の写真集なんだけど、このふくまるのきれいな目と、ばぁちゃんとふくまるが心の奥底からつながっていると感じられるこの暖かい表紙。帯の『 今日もいい日だねふくまる 』の文字もいい。とにかく表紙ですでになんとも言いがたい感情を受ける。

写真の技術的な事は何にも知らないのでその辺のことははよくわからないけど。

でも、こんなに人の心を揺さぶる写真ってなかなかとるの難しいと思う。
見ただけで泣いちゃうなんて。悲しい事なんて何にも書いてないのに。涙が出てくる写真集。

この感情は、美しいものを見たときに感じるものともちょっとちがうんだよな。うーん。なんだろ、このばあちゃんとふくまるのお互いを思う気持ちとか、大切に思っている優しい気持ちとかを勝手に想像してなんだかあったかい気持ちになる。そして年寄りの老い先短い人生を大切なパートナーとともに歩んで行くという儚い感じがまたあったかいけどなんだか悲しい。

的な。

まぁ、全部勝手な私の想像なんですけど。想像っていうかこの写真集から受けた私の感情。

こんな写真が撮れるなんて、とっても素敵なことですね。胸がきゅんきゅんします。

私もばぁちゃんになってもこうやって小鉄とずっと一緒にいたいけど、年齢的にまだ無理なので本格的に小鉄が妖怪になるしかなくなってしまうのです。がんばって!!小鉄!!!

大切な人、動物に『 いつか一緒にいられなくなる。会えなくなる日がいつかくる 』と思うと胸が苦しくなって目頭が熱くなってしまう。大人になるといろんな経験をして、いろんな感情を持ち合わせるようになるから、写真を見ていろんな事を感じ取ってしまうんでしょう。意識しなくても勝手に。

そんな心動かされる写真集。大切にしたいとおもいます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

upa

Author:upa
難しいことを考えるのが得意ではありません。

最新記事
Twitter
upaslugをフォローしましょう
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こんにちわ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード