スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親から電話。

IMG_0657.jpg

うちのじいちゃん90歳。少しボケてるがとても元気。※後ろの名前はじいちゃんとは関係ありません※
100まで生きると宣言している。がんばれじいちゃん!私の事忘れないでね!(笑)


 
5月14日朝8時半 母から電話があった。
母から電話がかかってくるとまず嫌な事を想像する。
家族になにかあったんじゃないかなって。
そして第一にじいちゃんの事が頭によぎる。もう良い年だからね。

でも大抵はたいした用事じゃなくて『 乾燥芋あるから取りにきて 』だの『 メロン買ったから取りにきて 』だのと、何かしら私にあげたくて電話をかけてくる。

まあいつもそんな電話だったらいいんだけどね。
今回はそうもいかなかった。
でも電話の内容はじいちゃんじゃなくて予想外のお父さんだった。
人生はなにがあるかわからないな。お父さんがそんな目にあうなんて思いもしなかった。

沢山の管をつながれて病院のベッドに横たわる父。
見た感じ割と元気なんだけど、医者は『なんで生きてるのかわからない』といっていた。

『 もしかしたらこのまま死んじゃうのかな 』

という感情が頭を駆け巡った。
何度振り払っても頭をよぎる。ひとりぼっちだとよけいに色々考えてしまう。

もちろんお父さんが死んじゃうのは私も辛い。そりゃ私の実の父だからね。
でもそれよりも、お父さん自身の無念さと、残ったお母さんの気持ちを考えると辛すぎて涙が溢れてくる。そしてなにより母は子供のまえなので気丈に振る舞っている感じが痛々しくて辛い。
本当は不安で仕方ないでしょうに。



だから手術室から父が無事に生還してきたのが本当に嬉しかった。
声を詰まらせて私に電話をしてきた母。本当に良かったね。

まだ眠ってるけど。早く起きてお母さんに声かけてほしいよ。
愛する旦那さんが目の前からいなくなるにはまだ早すぎるからね。
早く元気になって。お家でゴロゴロするといいよ。

とりあえず、体がどこかおかしいと思ったら我慢しないで早めに病院行く事を覚えてください。
みんなもそうですよ。我慢良く無い、ダメ絶対。


でも本当に良かった。ありがとう神様仏様。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

upa

Author:upa
難しいことを考えるのが得意ではありません。

最新記事
Twitter
upaslugをフォローしましょう
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こんにちわ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。