以心伝心

窓際族


コテッチャンはいつも引き戸を自分で開けて入ってくる。

ぴったりとしまっているとさすがにあけられないのだが、ちょっと手を入れる隙間があればぐいぐいあけて入ってくる。

なのに今日は、なにやら甘えた様子でご飯時の私たちに

『 ねぇ、あけてよー 』

と訴える。

ちょっとあいているのに、ドアをがりがり。

こっちむいてニャーニャー。

それをみていた私たちは、2人そろって

『 あいてるでしょー? 』

と、図ったように発声した。

タイミング、イントネーション、声の高さ、語尾の延ばし加減、すべて完璧だった。

それがなんだかおかしくて、クスクス笑ってしまった。

幸せだなぁ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

upa

Author:upa
難しいことを考えるのが得意ではありません。

最新記事
Twitter
upaslugをフォローしましょう
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
こんにちわ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード